カテゴリ:どんどこ!巨大紙相撲( 19 )
どんどこ!巨大紙相撲 此花場所
c0006779_0265725.jpgどんどこ!巨大紙相撲 此花場所の報告です。ごっつぁんです! 
2/16日、17日に此花で力士づくりワークショップと、作った力士と参加者達とで近隣の商店街さんなどへ出稽古に行き、四股名と懸賞品をいただきました。ごっつぁんです! 当日は、ペインティングパートナーのヤノベケンジさんも駆け付けてくれました。ごっつぁんです! 
千秋楽は3/12日(土)。ごっつぁんです! 

このプロジェクトは大阪カンバス推進事業というプログラムと関連して動いているのですが、ワークショップ当日のレポートを書いて下さっているのでリンクしておきます!ごっつぁんです! 
http://osaka-canvas.jp/?p=142
大阪カンバスのスタッフ達が、連日、トロフィーやら会場構成やら地域への広報やら渉外やらで動きまくってくれています!ごっつぁんです!  とても素晴らしい動きをしてくれています。


大阪カンバス
は、始まったばかりの枠組みで少々告知等が遅れていて、広く行き渡ってない部分もあるかと思いますが、他のアーティスト達のプロジェクトも面白そうです!要チェック。

ごっつぁんです! 
[PR]
by kosuge1-16 | 2011-03-03 00:27 | どんどこ!巨大紙相撲
豊後大野場所 千秋楽
c0006779_23431790.jpgとても充実した一日。
出場力士数21体のうち、ちゃんと力士のかたちをしているのは1体だけというかなり得意な場所でしたが、かなり充実した内容でした。スタッフの皆さんや関係者の皆さん、協力してくれたみなさん、参加者の皆さんそれぞれがかなり主体性をもって取組んでいただいた結果だと思います。ありがとうございました!


c0006779_2340339.jpg相撲甚句の面白さ、神楽の面白さにもあらためて気づかされ、感動。地域の伝統芸能って本当にうらやましい。
こども神楽の皆さんが舞ってくれましたが、かなりの完成度ですっかりファンになってしまった。また、飛び入りのお客さまが、どんどこ!巨大紙相撲〜豊後大野場所〜をうたった相撲甚句を即興で疲労して下さり、目頭が熱くなりました。



c0006779_2341767.jpg優勝は「すさの王」。日本書紀のスサノオが元になった力士。ちょうど決勝の前の「こども神楽」でスサノオが登場して、決勝トーナメントでそのまま優勝してしまった感じで鳥肌が立つ。
団子汁もおいしかったし、懸賞もとにかく凄い量でした。おばあちゃん達も幼児達も子どもたちもお母さん達も、必死に土俵を叩いて、懸賞を沢山ゲットしてました。
みなさんごっつぁんでした!


どんどこ!巨大紙相撲公式HP
http://homepage.mac.com/kosuge1_16/toppage/dondoko.html
[PR]
by kosuge1-16 | 2010-03-22 23:43 | どんどこ!巨大紙相撲
屋根を引っ越し
c0006779_091923.jpg今日は明日の どんどこ!巨大紙相撲豊後大野場所千秋楽に出場する為の力士を制作するワークショップ。朝はもの凄い強風で、黄砂もひどかったので、室内での実施。見たことの無い新タイプの力士が複数誕生!みんな良く考えます。
明日の千秋楽は、なんとなんと、出場者数よりも懸賞の数の方が多い!
そしてなんと、大分市から友人のアーティスト安部泰輔さん夫妻が応援にかけつけてくれました。ありがとう!


c0006779_094222.jpgワークショップ後、制作場所にしていた旧公民館の体育館から、屋根の引っ越し。強風で飛ばされないか心配しながら、徐行して運搬。会場となる神楽会館では、今日、神楽大会が開かれていて、出場者の一部の方々が手伝って下さりスムーズにフィニッシュ。ありがとうございました。


c0006779_010094.jpg神楽会館には、かわいい紙国技館ができました。良いサイズ。明日の朝に花道や枡席をつくります。相撲甚句や、こども神楽、団子汁など様々なアトラクションが用意されてます。しかも、制作してなくても応援で叩いて勝つと懸賞がもらえます!明日が楽しみです。


どんどこ!巨大紙相撲公式HP
http://homepage.mac.com/kosuge1_16/toppage/dondoko.html
[PR]
by kosuge1-16 | 2010-03-22 00:10 | どんどこ!巨大紙相撲
豊後大野場所準備中。体が泡に包まれ・・・
c0006779_22551974.jpg制作場所から宿までは、車で山道をくねくね登ることおよそ40分。本当はレンタカーで移動しようと思っていたが、骨折の為にドクターストップ。朝倉文夫記念館のスタッフに毎朝毎晩送迎してもらっています。記念館の皆さんありがとうございます。B・B・C長湯という長期滞在向けの宿に滞在中ですが、空間がとても良いです。自炊出来ますが、この宿には風呂は無くて、長湯温泉街内の近くの風呂まで歩いて繰り出しています。長湯温泉は炭酸の温泉で超高硬度温泉なのだとか。熱い湯ではないのだけど、肌に赤く血管の斑点ができる。不思議。今日は宿から歩いて5分くらいのところにある「ラムネ温泉」へ入ってみることに。建築家の藤森照信さんが設計した不思議でかわいい温泉です。32度のぬる〜い露天風呂につかっていると、いつの間にか体が、青くて銀色の泡に包まれている。。。楽しい温泉。


c0006779_22582281.jpg制作場所までの道のりには沢山の気になるスポットがある。今日は、記念館の佐藤さんがその一つの原尻の滝に案内してくれた。東洋のナイアガラと言われているそうです。滝壺スレスレまで歩いて行けてしまう。道路もなぜか滝壺スレスレを通っていて面白い。って、滝壺もの凄い落差で驚く。。。


c0006779_2332849.jpg今、制作場所としてつかわせてもらっているのが、廃校跡の体育館。これだけのスペースのスタジオがあったら楽しいだろうな〜と常に妄想しながらの制作。お手伝いに来てくれる方々の手の早さに驚く・・・。懸賞が参加グループ数よりも上回り、おそらく全員に何らかの形で懸賞品が渡ると思います。すごい千秋楽です!懸賞幕を昨日描いたのですが、約2時間で一気に20枚を描ききってしまうという脅威の早描きユニット。しかも上手。驚き!


c0006779_2364659.jpg今日は主に屋根を制作。会場は神楽会館という神楽の為の公演スペース。あまり大きな造作はできないので、3分の1スケールで制作。このスケール感も良いな〜と思った。そして、壁面の造作。かなり丁寧に仕上げてくれて驚く。
[PR]
by kosuge1-16 | 2010-03-19 23:06 | どんどこ!巨大紙相撲
別府経由_大分県豊後大野市に
c0006779_9255957.jpg昨日、大分入り。
月曜にいわきアリオスでのプロジェクトを片付けて、火曜日にKOSUGE1-16スタジオでの雑務を整理して、昨日の早朝の飛行機で大分入り。
途中、BEPPU PROJECT を覗きに行く。P3芹沢さんにも会い、いわきの報告もできたし、スタッフの方々とも久々に会う事ができて、嬉しい。遠藤一郎くんが連凧を上げるということで、「骨折が早く治ります様に」と願い事を書かせてもらった。
街の中に点在する展覧会や、街の仕掛けも面白かった。アートでここまでできるんだな〜と関心。各会場で案内してくれるスタッフの方々の質の高さに驚く。モチベーション高いんだな〜。これから益々楽しみですね。


c0006779_9262253.jpgそして、1時間半程車で走り、豊後大野市入りし、事務局となっている朝倉文夫記念館に。ここは、朝倉文夫の生家の前に建設されている。しかも、朝倉文夫本人が生前に自ら開墾して、広大な妄想を実現しようとした場所。それの意志を住民が汲んで、街が少しずつ作って来た場所だそうです。朝倉文夫の見方が、ここに来て大きく変わった。

c0006779_9263157.jpg写真は朝倉文夫が使っていたブルドーザー。すごい。
今日から豊後大野市で開催される、大分アジア彫刻展記念「どんどこ!巨大紙相撲〜豊後大野場所〜」を開催する為の準備が始まる。


どんどこ!巨大紙相撲公式HP
http://homepage.mac.com/kosuge1_16/toppage/dondoko.html
[PR]
by kosuge1-16 | 2010-03-18 09:27 | どんどこ!巨大紙相撲
湯本温泉 フラオンパク場所&酉小屋
c0006779_2353129.jpg昨年末に、いわき芸術交流館アリオスでの「どんどこ!巨大紙相撲〜いわき場所〜」を開催しました。そこからの関連で、いわき湯本温泉郷にて大規模に開催されている(今年はいわき市内全域に拡大しつつある)フラオンパクのオープニングイベントの一環で、1月11日、湯本温泉郷のポケットパーク的な存在「鶴の足湯」にて「フラオンパク場所」が開催されました。


c0006779_23532516.jpgここの足湯は毎日大人気です。(※ずっと行司をしていたので、またまた気の利いた写真が手元にありません。)足湯につかりながら巨大紙相撲大会を眺めるという何とも素敵なシチュエイション。そしてこの大会は事実上、いわき場所で活躍した力士たちを弔う為の奉納相撲大会との位置づけもあり、制作者の子供や家族も駆けつけて、最後の取組を楽しみました。懸賞には湯本温泉郷周辺から沢山の品々が届き、勝つだけで大入り袋が振舞われました。谷町に参加して下さった皆様、ご協力ありがとうございました!


c0006779_23533985.jpgさて、全ての取組が終了した後、湯本駅前までパレードし、「酉小屋」の会場へ。「酉小屋」とは、いわきのローカルな風習で、どんど焼きの巨大版。この酉小屋で力士たちを弔うのです。


c0006779_23535152.jpg当初は酉小屋の中に入れてくれる予定でしたが、予想以上に大きかったのと量が多かったので、実行委員の方々は急遽外壁に立てかける形をとってくださったようで・・・これがなんとも可哀想だったのですが、制作した子どもたちが力士に寄り添い、叩きながら「よくがんばったな!」と声をかけている姿をちらほら見かけて、最後にこのようにお別れも言えたし結果的には良かったとも思います。着火されると、、、あまりに生々しかったので、なかなか写真を掲載できませんが、、、うちの息子は「お相撲さんが可哀想・・・」と泣いてしまったのでした。


c0006779_2354063.jpgともあれ、この「酉小屋」は本当にスケールが大きいし、燃える速度も速いので、見届けた後、良い意味で、さっぱりとした気持ちになれるのでした。また、どんどこ!巨大紙相撲が地域の風習の中にとけ込むというか馴染むというか、良い関係性がつくれて、実施して良かったなと思いました。次回の実施を待ち望んでる方々も多い様で、いわきで是非またやりたいですね!
いわき場所、各巡業値、そして湯本場所で参加して下さった皆様、そしてご協力下さった皆様、そして、会場を沸かせてくれた段ボールの力士たち、ありがとうございました。


どんどこ!巨大紙相撲公式HP
http://homepage.mac.com/kosuge1_16/toppage/dondoko.html
[PR]
by kosuge1-16 | 2010-01-11 23:30 | どんどこ!巨大紙相撲
どんどこ!いわき場所 千秋楽
c0006779_23473312.jpg12月23日。千秋楽が終了しました。
今回の千秋楽は、「どんどこ!」初の劇場開催。しかも世界最新鋭のアリオス中劇場!!世界何処の劇団を探してもこの劇場を使いこなせる人はまだ居ないと言われている。しかし、さらに、、、KOSUGE1-16としては、初の劇場使用な訳だから使いこなせる訳も無いというか、全く先入観がないので、劇場っぽい使い方って分からないから、真っ平らにして、土俵を3つ置く事にしました。
4カ所の巡業地の参加者の子どもたちも、新しくできた劇場に対して先入観の無いアプローチの記憶に繋がってくれると嬉しい。

写真提供:KOSUGE1-16が15日間もお世話になって、お肌がツルツルになったスパホテルスミレ館の佐藤さん



c0006779_23481335.jpg結果、面白い空間になったとは思います。客になったり役者になったり何時でも誰でも参加できる空間。見る側と見せる側が常に一緒になっている空間。振り返ってみると、KOSUGE1-16の作品は常に、この様な空間を作る事を作品として来たのかも。劇場に入ってみて、少し時間を置いて、見えて来たポジション。

写真提供:KOSUGE1-16が15日間もお世話になって、お肌がツルツルになったスパホテルスミレ館の佐藤さん


c0006779_23505360.jpg会場に居る人たちの所作そのものが作品となって行く。笑う人、怒る人、泣く人、知らん顔の人、てんぱる人。とにかく、予選リーグは3つの土俵で同時開催だったからカオスに。

写真提供:KOSUGE1-16が15日間もお世話になって、お肌がツルツルになったスパホテルスミレ館の佐藤さん


c0006779_23535948.jpg集計係の車田がインカムの情報を即プロジェクションしてたので、土俵を目の前にしながら試合を一試合も見なかったとか。。。

写真提供:KOSUGE1-16が15日間もお世話になって、お肌がツルツルになったスパホテルスミレ館の佐藤さん


c0006779_2354449.jpg沢山の人たちの協力と参加があって実現する「どんどこ!巨大紙相撲 千秋楽」。今回も沢山のドラマがありました。いわき海星高校アマチュア無線部のMCも明るくて楽しかったです。彼らはミニFM局も行ったりしているそうです。

写真提供:KOSUGE1-16が15日間もお世話になって、お肌がツルツルになったスパホテルスミレ館の佐藤さん


c0006779_23593432.jpg沢山の懸賞品。

写真提供:KOSUGE1-16が15日間もお世話になって、お肌がツルツルになったスパホテルスミレ館の佐藤さん


c0006779_00674.jpg懸賞幕のお披露目も壮観でした!来年の干支、寅が先導。


c0006779_032910.jpgひょっとこも登場で子どもたちに大人気。


c0006779_04925.jpg幕間に、いわきの漫才期待の新人、「マッセ禁止」がコントを披露! うちの2歳の息子は「やわらか家族」にハマってました。

その後も、協力してくれた方々で自主運営して、26日に四倉道の駅のオープニングイベントで「巨大紙相撲大会」を開催したようです。そして、1月11日は湯本温泉フラオンパク開幕イベントで「フラオンパク場所」、そして、今回制作した力士の奉納相撲と 「酉小屋」でのお焚き上げが待ってます!!ここで、今回のいわき場所の力士たちを弔うのです。これも楽しみです。年明けはまた、いわきに行きます。
そして、なんと!特別ゲストで、沖縄県沖縄市で活動しているスタジオ解放区を招聘します。彼らとは3月にいわきでコロコロ集会ファイナルを仕掛けようと考えています。お楽しみに!



どんどこ!巨大紙相撲公式HP
http://homepage.mac.com/kosuge1_16/toppage/dondoko.html
[PR]
by kosuge1-16 | 2009-12-23 23:19 | どんどこ!巨大紙相撲
どんどこ!平巡業
c0006779_055394.jpgいわきアリオス主催のどんどこ!巨大紙相撲〜いわき場所〜の最終巡業値、平。
会場はparty。


c0006779_0554742.jpg4つの巡業はそれぞれ個性が強かったな。

c0006779_0581022.jpg今回は子供の力が炸裂って感じです。
千秋楽の組み合わせ楽しみだ。


c0006779_0563476.jpg少々寒かったけど、練り歩きも実行!
なんと、LATOVの中も突っ切って行きました。


c0006779_057239.jpgそして、お楽しみ企画、
平商連会から企画提案されたメリクリ場所も開催!
トーナメントは熱く燃え上がりました。


c0006779_0574153.jpg優勝はトンコツ山。見かけからは想像もつかないオーソドックスな相撲スタイル。体のバランスもなかなか良い。
選手楽でも期待できるぞ。

どんどこ!巨大紙相撲公式HP
http://homepage.mac.com/kosuge1_16/toppage/dondoko.html
[PR]
by kosuge1-16 | 2009-12-21 23:21 | どんどこ!巨大紙相撲
どんどこ!小名浜巡業
c0006779_23335381.jpg会場は小名浜美食ホテル2号棟の小名浜潮目交流館。港の倉庫だった場所を利用した広くて気持ちよい空間。小名浜には福島に来ると良く遊びに来ていました。水族館もあるし、公園もあるし、魚も食べれるし、楽しい街です。


c0006779_23322372.jpg勿来、四倉にはいわゆる力士らしい力士が出現しなかったのが印象的でしたが、ここ小名浜では力士らしい力士も登場しました!
が、しかし、いろんな大人が居ますね・・・。本人が力士体型という事なのでしょうか・・・?
画材や材料を駆使して制作していたのが印象的でした。お披露目は千秋楽までのお楽しみ。


c0006779_23303826.jpg湯本でお世話になっているスミレ館の佐藤さんもアリオスプランツでおなじみの檜山さんと参戦!炭坑で働いていた女性をもモデルにした「後山」を制作。造形的に秀作です!でも、練習試合では少し弱かったな・・・。
ところで「後山」とは、炭坑の中から石炭を外に持って行く役目の仕事だそうです。先日、鉱山の跡地を見て回ったので、個人的に心に響きました。
湯本では、1月11日に「いわき場所」で活躍した力士たちを「酉小屋」で奉納お焚き上げをする予定です。その前に、鶴の足湯にて奉納相撲大会「フラオンパク場所」が開催されます!



c0006779_23311274.jpgさて、屋外では「小名浜まちづくり市民会議」さんがちゃんこ鍋を用意して下さいました。さすが港です。海鮮の出汁が抜群に効いていて美味い!つみれが特に美味い!!そして鍋がデカイ!!!準備して下さったみなさん、ありがとうございました。


c0006779_2332062.jpg夕方、小名浜美食ホテル内を練り歩き、沢山のお店から懸賞品をいただきました。応援ありがとうございます!
明日は平巡業。メリクリ場所というクリスマスにちなんだトーナメントを特別に実施するとか。熱くなりそうです。


[PR]
by kosuge1-16 | 2009-12-19 23:40 | どんどこ!巨大紙相撲
四倉巡業
c0006779_22424981.jpg昨日の勿来場所は、ポップな力士が揃ったのが印象的でしたが、今日の四倉場所は一転。硬派な7力士が勢揃い!しかも大きく分けて2種類の硬派。
一方は武道系。
c0006779_2243317.jpgもう一方はツッパリ系。参加者の父兄達も子供以上に夢中になり、技術派ばかり。増々千秋楽が楽しみです。

[PR]
by kosuge1-16 | 2009-12-13 22:47 | どんどこ!巨大紙相撲