GURA GURA TOWN 卓上版完成!
c0006779_1051164.jpg昨年の初夏に、プラス・アーツの永田さんから防災ボードゲームの構想を聞き、KOSUGE1-16でイベント用として巨大化することになった。そこからゲームの内容をプラス・アーツが中心となって集められたapodというチームで構想と試作を重ね、ようやくたどり着いたのが、今年の春に開催された「地震EXPO」への出品作品。その時はまだβ版だったので、さらに洗練化して挑んだのが、夏に行なわれた「いざ!カエルキャラバンin 東京ガス」。その後、秋までになんとか普及版を小ロットながら制作するということでプラスアーツと、慶応大の吉川先生やデザイナーの加藤さんが絞りに絞ったゲームがこのたび完成!!
みなさんがんばりましたね。お疲れさまです。

c0006779_10541472.jpgこのゲームをプレイすることで、いざ!という時の臨機応変さや創造力が身に付くという魔法の様なゲーム。大地震に遭遇したら、絶対にこういった力が必要で、それをボードゲームというアナログでコミュニケイティブなメディアを使って教育ツールに落とし込むかというのが狙い。

東京ガスでのイベント以来、僕は任務を終えて関わっていないが、あんなに複雑だったルールもこの通り、シンプルになっていて感動!
ほんとうに大変な作業だったと思う。


c0006779_10524051.jpgこのすばらしいゲームは、プラス・アーツにて限定販売しております。
http://plusarts.exblog.jp/
是非、お手元にひとついかがでしょうか!

写真の駒は、ケンちゃんというこのゲームのキャラクターですが、以前にイベント用として制作したもので、今回販売のゲームのものはこれではなく、簡易版となっております。 ごめんね〜。

[PR]
by kosuge1-16 | 2007-11-14 10:53 | お知らせ
<< ドンドコ巨大紙相撲〜にしすがも場所〜 TACO CUP 2007 閉幕 >>